奥志賀-妙高ツーリング 2010/06/06-07

Posted on 火曜日, 6月 8th, 2010 at 00:01


入梅間近、この週末は快晴らしい。ハイシーズン前に行っておきたかった志賀高原へハヤブサでツーリングです。


つまごいパノラマライン北ルート。空も空気も透明です!


東部湯の丸ICから湯の丸高原を走り抜け嬬恋へ。北ルートのストレートは絶景です。ここから志賀草津道路へ。


R292・国道最高地点を持つ志賀草津道路。ハイシーズンは数珠繋ぎ必至ですが、この日はまったり走れました。


剥き出しの山肌がカッコイイ──!標高2000mオーバーまで一気に駆け上がりますよ。


自然保護の観点から乗鞍スカイラインが走れない今、これほどの山岳道路はなかなか貴重だと思います。


走れないといえば「別の理由」で通行禁止の危機に立たされている伊豆スカイラインの現状→ ご一読ください。


今や全面舗装となった奥志賀スーパー林道を経てカヤノ平へ。山深い山間に突如現れる広大な平野です。


1年の約半分は冬季閉鎖で乗り入れ出来ないこの地にも春の芽吹きが。


県道97号を下り野尻湖へ降りてきました。峠で丁度良かった冬用革ジャンも、実は麓では暑いんです。・・・我慢の一枚(笑


透明な水を湛える野尻湖、お昼過ぎ。志賀で展望し気になってしまった北アまでもう少し。妙高を目指します。


県道39号を辿り、妙高山ふもとの笹ヶ峰放牧場へやってきました。


残雪の北アルプスが近い!志賀草津道路から望むのとまた違う感動があります。


信州蓼科に宿を採っているのに新潟まで来てます・・・よく考えたら(笑) 南下を開始です。


日曜夕方の霧ヶ峰。いくばくかのライダー達がこの日を名残惜しむように散会していきます。


蓼科のロッジモーティブ→ オーナーで「歩くツーリングマップ(!?)」森田さんと夜更けまでルート談義でした。


翌朝。月曜の天気は駄目との予報でしたが、それも変わって午前中はもってくれそうです。


ゆっくりとした朝の時間を楽しんで帰路に着きます。モーティブ前にて。今シーズンもよろしくお願いしますね!


月曜朝の霧ヶ峰。ホントにお天気クダリザカ?という素晴らしい青空が広がります。


天気が駄目なら直帰の予定でしたが、せっかくなのでビーナスラインを寄り道です。


美ヶ原高原・山本小屋へやってきました。


駐車場から牛伏山展望台を登ります。片道徒歩10分ぐらい。


頂上!すこし薄雲が張ってきましたが、それでもアルプスの山並みを望むことが出来ました。


この日はこのまま、のんびりと帰路へ。1日半の晴天を存分に味わった、そんな信州ツーリングでした。

Tags: ,

No Trackbacks.